引き寄せの法則マスター Shinji

引き寄せの法則マスターShinji

引き寄せの法則のことなら、なんでもお任せ下さい。最も正しく、そして深い引き寄せの智慧を様々な形でお届けしています。

メルマガ購読・解除 ID: 1147231
引き寄せの法則 マスターへの道
   
バックナンバー 公式サイトへ http://step-world.net

2012年10月11日

WBC

WBCの監督は山本浩二氏に決定ということで、
これで三連覇はないかな、という感じです。

指導者の波動は非常に大事です。
オリンピックのときの星野監督のように、
悔しい負けが起こりそうです。

初優勝、二連覇のときの選手は、もうピークを過ぎている
人がほとんどですから、このことも結果論としていわれそうですね。

全く始まってもいないのに、こんな予想をしてしまいましたが、
参加するしないでも大きく揉めたWBC。
参加してくれるのは嬉しいです。

前回優勝時は、東京ドームの野球体育博物館まで、
トロフィーを見に行きましたからね。
(歩いて10分くらいですし)

哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 01:19| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

中国問題

中国は尖閣問題で半数以上の人が「戦争になるかもしれない」と思い、
備蓄に走る人も多いようです。
巨大国家なだけに、ネットの影響で大きな人が動く
という光景を何度もニュースで見てきました。

今後どうなるでしょうかねぇ?
ぼくは政治には興味がなく、なんの支持も不支持もしませんが、
引き寄せの法則の観点から眺めると、
中国はどんどん国際的に孤立し、
自らの首を絞めることになりそうです。

引き寄せの法則に限らず、それは多くの日本人が感じている
ことでしょう。
「奇跡のコース」や「神との対話」でも書いていますけど、
攻撃性と利益主義は、なにも生み出さず、
狂気の幻想を破滅的なまでに維持するだけです。

しかし、学びや成長としての大きな反動があるので、
バブルのような狂気が弾けたあとには
新しい建設的な時代が訪れそうです。
ただ、相当な出来事がやってこないと、弾けないと思います。
今でも充分巨大なエネルギーですが、
バブルはまだ膨らんでいる最中なので、
今は彼らは正しいことをしているとしか思わないでしょうね。

日本人はどういう振る舞いを見せるでしょうか?
仮に、尖閣諸島を占拠されたりしたら、
政府はどう出るでしょうかね?
今は冷静な日本国内の世論も変わってくるかもしれません。

哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 23:14| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

オリンピックと引き寄せの法則

4年前にも引き寄せの法則的見地から
オリンピックについて書いた気がします。

日本人はメンタル面でのコントロールが上手ではない、
というか、そういうコーチはいないんでしょうかね。
本番に弱いです。
柔道は気負いすぎですね。そうそう勝てるものでもないですが、
「〜しなければならない」という思いが強すぎるのは逆効果に働きます。

そんななか、松本選手の映像を二回戦のときに初めて見ましたが、
すぐにメダルが浮かびましたね。
たぶん、メダルを獲ると直観的に予想した人も多いのではないでしょうか?

メダルを獲った後どんなコメントするかな?
「一本を一本も取れなかった」とか、天然な発言しそうだな。
なんて思いながら、試合を見てました。

わたしたちが見ている景色の中で
たくさんの学びがあります。
普段、学びから目をそらしているとそれがわかりません。
震災の時もそうです。
学びという財産が、こうしたクリティカルな出来事のときには
いつも降り注いでいるものです。

松本選手の野性さは学びになります。
実にそこが現代の日本に欠けているところでしょう。
「ワイルドだぜぇ」が流行ってるのも、
逆説的に面白いです。あの人ワイルドじゃないですもんね。

色々なところに目を見張りました。
顔を叩いたり、顔をぐわっと釣り上げたり、
ぶつぶつと唱えるのは、これ立派なアファメーションです。
徹底して、勝利のイメージを作り、そこに身体的な刺激も加え、
潜在意識に働きかけていました。

それから試合中、闘争本能はむき出しなのに、
コーチのいうことに全て謙虚にうなずいていました。
野性的ながら柔軟。しっかりコーチからのフィードバックを
受け入れながら試合に臨んでいました。
素晴らしいです。

あとは競泳の北島選手のメンタルが理想的だと思いますが、
今回は身体のバランスの悪さを自分でも感じ取っていて、
そのイメージを拭うだけの自信とワクワクと情熱を100m
では保てなかったようです。
200mは身体への信頼を最大限思い出してほしいですね。

哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click

posted by Shinji at 10:11| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

過去に反応してイメージ イチローの例

現在は、常に塗り替えられていますが、
全ては過去です。過去の思考です。
しかも、直近の過去の思考です。

例えば、ヒットをあまり打てなくなった現在のイチロー。
昔は、何本打っただろう? 打率何割になっただろう? ランキング一位までどれくらいだろう?
と、基本的に打つイメージを持って、試合結果を確認していました。

それが、最近は、ヒットを打てただろうか? またノーヒットだろうか? 打率は何割まで落ちただろう?
と、基本的に打てないイメージを持って、試合結果を確認してしまいます。

これは、現在の反応が、過去を参照しているからで、
しかも直近の過去を最新情報として参照しているからです。

このイメージ、信念は、もちろん引き寄せに影響を与えます。
本人も以前より、打てないイメージを持ってしまっているでしょうし、
周りもそんなイメージを持っているので、どんどん成績は下降してしまいます。

これを塗り替えるには、直近の過去が「打つイメージ」に変わらなければいけません。
本人は打ちたいし、周りも打ってほしいので、波動の世界でヒットは創造されています。
あとは過去にとらわれず、いかに望むイメージに同調して、本人がネガティブなイメージから解放されるかですね。

「打ちたい」「打ってほしい」だけだとダメです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 13:59| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

射幸心

Greeやモバゲーなど、ソーシャルゲームで問題になった射幸心。
ビジネスとしては、人の心理をついた効果的な戦略でしょうけど、
相手(顧客)にとって幸せか? というとそうでもない戦略で、
それどころか、無駄な時間を過ごさせ、得にならないことに
意識の焦点を当てさせて増幅&引き寄せを続けさせることになります。

ビジネス戦略として考えたとき、
顧客が幸せにならないものを提供して儲けるのはどうかということになり、
早期に滅びることに繋がります。

Facebookは、顧客の幸せになることを謳っているものの、
やはり利益主義のところがあるし、
個人情報の危機という側面もあります。
だからこそ、株価も低迷しているのでしょうね。

利益主義が良いも悪いも牽引してきた世の中ですけれど、
Win-Winが成り立ってこそですし、
幸せを提供するビジネスがもっともっと前面に出てほしいものですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 16:36| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

大地震は連動? それとも偶然?

大地震が頻発していることでアメリカで論争があるというニュースがありました。
連動するにしても、世界のあちこちで連動するのは理屈がわからないということですね。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110422-OYT1T00316.htm?from=main6


しかし、まぁ、引き寄せの法則で考えると、すぐに解けます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

緊急地震速報と予言

緊急地震速報は便利で革新的な技術だと思います。
ただ、引き寄せの法則の観点からいうと、厄介な難点があります。

これは強制的に、地震という意識を植え付けるものです。
一斉に多くの人に「地震だ!気をつけろ!」と指令を与えるものです。

これは地震を引き寄せますし、
同じように緊急地震速報が鳴る現象を引き寄せます。

情報化社会でなければ、これほど地震は頻発していないはずです。


地震の専門家にいわせれば、断層が活発化しているだけだといいますが、
引き寄せの法則の専門家にいわせれば、我々の意識が断層を活発化させ続けているのだといいます。


ありえない話ですが、緊急地震速報のかわりに、緊急ラッキー速報
でも流せば、もっと奇跡が頻発するようになります。
「ラッキーがやって来る!」と指令を与えるのです。

まぁ、ほとんどの現代人は科学的に根拠のあるものしか信じませんが。

でも、ノストラダムスであれだけ騒いでいたくらいですから、
科学的には解明できないことに対して100%拒絶しているわけではなく、
「もしかしたらある」とか「自分は関係ないけれどたぶんある」
位には思っている人が多数なのでしょう。

バシバシ予言を的中させる人がいて、こういうことをしたら、
かなりの影響力を持つでしょうね。


ぼくの場合は、仮に予言が出来ても、無造作に予言を流布するというのは
やらないと思います。
人々の行動を左右しすぎてしまい、自然の調和を乱す気がします。

ましてや、未来は一瞬一瞬刻々と変化しているので、
予言なんかが流布すると、自分たちの人生は運命として決まっている
なんて勘違いする人が出てきます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

自殺者32000人

年間の自殺者は、ここ10年、大体平均して3万2000人くらいですね。

東日本大震災で亡くなられた人の数を上回ります。
この事実は驚きます。

これくらい多くの人が、自ら死んでいっているんですね。

自殺も、身内や周囲の人たちに影響を与えますけど、
震災のように世界的にクローズアップされるわけではなく、
当然であるかのごとく毎年亡くなっています。


ニュースにもされない、こういった人たちをもう少し救えないかなぁと思います。
一年先までで3万人以上、これから死ぬ人がいて、
五年先までで16万人。

かなりの数だと思います。

そして、魂の観点からいって、「自殺」という行動化に伴わない死もたくさんあります。
それは通常意識ではなく、魂が「これ以上身体にいても学びや成長はない」と思って、
死に向かわせるものです。形は病気や事故など様々あります。

死にたいな〜と思っていて、そこから病気を引き起こし、死に至る人もいます。

魂の自殺も含め、虚しい不幸の死を数え上げると、一体年間どれだけの人が死んでいるんでしょうか?


ニュースにはならないし、そういった自殺予備軍の人たちに義援金が届くわけでもないし、
本当に救いが必要な人は何百万人、へたしたら何千万人といるのかもしれません。

う〜ん……


ぼくはもっと道をつくらないといけないですね。
この活動を広げていかないと。

もっとたくさんの人が、引き寄せの法則やこの世の真理に目を向けてくれたら。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

UFOと引き寄せの法則

震災直後に、UFOがたくさん目撃されていて、
映像にもおさえられているというニュースがありました。

面白いですね。
映像を見ましたが、かなりたくさんの光が広がったり、一つになったりしていました。


UFOについては、エイブラハムやセスが語っています。

物質的なものではなくて、「意識」が可視化されたものです。

思うに、震災で世界中の意識が集まったことで、
集中した意識が光として見えたのではないでしょうか?

これらの意識については、この次元からからでなく、
他の次元からの意識もあったと思います。
ある意味、宇宙からの意識もあったと思うので、
あながち宇宙人と関係ないわけでもありません。


だから、震災直後にUFOが多発したというニュースを聞いて、
ぼくなんかは「なるほどな」と納得するところがあるんです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 15:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

東電と漁業

漁業関係者が、東京電力に怒りまくって、
全ての補償を求めるとか、魚を買い取ってほしいとかいっていますね。


こういう風に、震災によって被る不利益で、
どこか責める対象が見つかれば激しく責め出すというのは
予想していたことです。

これからもどんどん起こってくることでしょう。

結合から分離へと舞い戻っていきます。


しかしまぁ、東京電力の「せい」だとして、
漁業関係者が東京電力からお金を搾り取ったとします。

東京電力は地震の「せい」だとして、
地震からお金を搾り取ることはできません。
地震予知の研究所を責めるでしょうか?
まぁ、それはないでしょう。

地震の「せい」だとして、
その地震は何者が引き起こしたのでしょうか?

地震はわたしたちが引き起こしました。
地震自体は起こりうることですが、このような被害はわたしたちが創造しました。

そのわたしたちの中には、漁業関係者も含まれていますし、
それどころか、このように漁港が壊滅的打撃を受けている現状を見ても、
感謝の欠如した乱獲が、地震に力を貸したということは否定できません。

そうすると、東京電力は漁業関係者の「せい」にできるかもしれません。


かなり不毛なやりとりでしょう?


目に見える因果関係が全てでなく、むしろ目に見えない因果関係のほうが大きいのです。
だから、目に見えるものだけで責任追及をするのは、気持ちはわかりますが正しいことではありません。

一番正解に近いのは、わたしたちみんなの「せい」にすることでしょう。


でも、本当は、誰の「せい」でもありません。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click



posted by Shinji at 20:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

DVD

「The Cove」のDVDを送りつけたことに冷笑・嘲笑する人が多いけれど、
活動家と呼ばれる人たちは、話し合おう・理解してもらおうとしても
まったくとりつく島がないから、苦肉の策で「活動」という手段に訴えるのです。

例えぎこちないやり方であっても、そこからなにか打開の光が生まれるかもしれない。
もし、DVDをみんなが公平な立場で真剣に見たら、必ず「間違っていた」
「なにも知らなかった」と思う人が出て、そちらの方の意見が大多数になるかもしれない。
そうしたら彼らの目標は達成されます。

10人でも、1人でも見てくれたらという思いで、やった行為は彼らなりの愛です。

だから笑えないですよ……。


あまりにも多くの人が、批判的・冷笑的なので、徒労に終わる可能性は高いですが、
自分としては拍手を贈りたい。

人間の考え方は、大多数の意見に左右されます。大多数の意見が正しいとされます。
大多数の意見が少数となり、少数の意見が大多数となればパラダイムは変わります。
人間の意識の変革(量子的飛躍)というのは、このように一気に変わるのだろうと思います。


こちらのサイトで無料で日本語版を観られます。
http://www.thecovemovie.com/AgreeToDownload
是非観てください。

DVDで借りたのとちょっと違うな……。
字幕に新しい情報が追加されてる。

嘆願書(petition)にも署名を入れました。
現在世界中の185万人の人が署名していますが、ほとんどが外国です。
イギリスがとても多いですね。日本人はほとんど全く見あたりません……。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 22:17 | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

騙す

中国産の純化プロポリスが、ほとんど添加物だらけで、
プロポリスは1〜20%というニュースがありました。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101122-OYT1T01068.htm?from=main4

まだまだ嘘をついてでも得をしようというのが常識である国なんですかね。
隠れたところでごまかして得をしようとするのは日本人にもありますけど、
中国はこういう話が多すぎます。

アメリカも抜いていずれは世界一の経済大国になるといわれていますが、
レアアースの問題もしかり、信用問題が引っかかります。

進化した文明ほど透明性は高いです。
地球にも遥か昔には、そんな文明が存在したといいます。
まだ言葉頼りではなく、テレパシーのように意思疎通が出来た時代です。

物の移動も音の振動を使うので、環境を汚すことはありません。
遙か昔は、特定の周波数の音を出すことで、物体を浮かしたりしていたそうです。

目に見えない、エネルギーの繋がりや波動の調和を理解することが
できるようになってくると、隠れたところで人を騙そうとしたり、
自分が良ければ他人はどうでもいいという考え方もなくなっていきます。

今はまだ危うい時代です。
今はまだというか、今こそが危うい時代です。

物質だらけです。

しかも人工的に物質を生みだし過ぎていて、生き物までも人工的に生み出します。

完璧な自然というシステムにエラーを引き起こしているのは人間であり、
異常気象や新型インフル、耐性の強い新ウィルスの誕生なども人間が引き起こしています。

色々と考えないといけないんですよね。

けれど学校の授業も、知識詰め込み型ですし、
倫理の授業なんて、ホント先生が理解していないのに、ただ教科書的な知識を教え込ませているだけですもんね。

結局学力を測るのにはテストが必要で、テストをするには、知識が必要になってしまうんです。

ぼくは小さい頃から、学校の授業に懐疑的だったので、生意気な生徒だったと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 09:18| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

残業100時間は普通?

ブラック会社を病気になってリストラされた人が訴えるという本があるみたいですが、
mixiニュースでこれをネタに記事を書いてる人の中には、意外に「残業100時間は普通」
「うちはもっと厳しい」「これくらい普通」などと書いている人が多いんですね。

悪条件で激務にさらされて、それに耐えて実績をあげている人にとっては、
「これくらい耐えられないでどうする。できないなら辞めればいい」
みたいな考え方になるのも無理はありません。

「できない人は劣っている。どんな条件でもそれを乗り越えてやれる人が偉い」
という見方になってしまいます。

そうすると、やはり昔から同じように、
「頑張ることは偉い」「頑張れる人が成功する」「頑張る人は優れている」
という図式になってしまいます。

おかしなことが常識になってしまうわけです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 14:01| Comment(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

巨大キャベツ

巨大キャベツのニュースがありました。
http://youpouch.com/2010/09/20/101505/

「整合点」の力でしょうね。
栄養素の力もあるのかもしれないですけど、畑の中にちょうど
エネルギースポットがあり、ものすごく成長したんだと思います。

伊勢神宮のような規模の広いエネルギースポットではなくとも、
色んな所に整合点というエネルギースポットがあり、
古代の人はその位置をつかんで、建築物などを建てたそうです。

現代人はその整合点を見つける力をなくしていますが、
風水は見つけるためのガイドになるのではないでしょうか?

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 01:54| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

コレステロール

高コレステロールは寿命を縮めるどころか、寿命を延ばすという記事がありました。
「コレステロールが高いほど死亡率が低かったとの大規模研究や、コレステロールを下げる薬を服用しても心臓病の予防効果は見られない」というのが近年の研究だそうです。

まぁ、どれだけ生きられるかに食事の仕方は関わってくるでしょうけれど、
菜食主義であれば長生きできるとかではないんでしょうね。

一番大きいのは心のバランスと願望の強さ、成長を求める意欲でしょう。

老衰も事故死も自ら招いて死ぬわけですから。
本当であれば、コレステロール値が低いほど事故死の確率が上がるなどの統計も取れることでしょう。

人間の身体を最大限生かせば、いくらでも長生きできるそうですが、
生まれ変わってしまった方が、誰でも手っ取り早く、若返ることができます。
これが輪廻ですね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
Please Click
posted by Shinji at 10:45| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

阿久根市

しかし、阿久根市長は専制君主のようですね。副市長まで横暴なことを言い始めました。
違法なことでも押し通すというのが、こんなにできるものなんですね。

極端な実行力です。

実行力は大事なことですが、全て他者との交流がベースにあるので、他者と調和をとらなければうまくいかないでしょう。
実際、ほとんどのことは他者のおかげで成り立っているわけですから。
尊重すればするほど宇宙は味方してくれます。

蔑ろにしていては、どこかで反発したエネルギーを食らうことになるでしょう。

この専制時代が終わりを告げたら、阿久根市は反動で、ずいぶん違う市になるでしょうね。
自称改革者がいなくなったところで真に改革されるでしょう。

それがコントラストの中で願望を生み出し、実現化されるという引き寄せの法則のシステムです。

posted by Shinji at 00:36| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

イタコを助成金で研究?

イタコというのは、完全に降霊できている人はほとんどおらず、
実際はその人になったつもりで演技しているというのが本当だと思います。

ですが、その霊魂と関わりのある人間が目の前にいて、しかも霊場であれば、ある程度霊魂からのメッセージもインスピレーションとして得られるかもしれませんが、この記事を見た感じ、恨み言をいわず線香をあげるようにお願いするなどのパターンがあるみたいですね。

世に溢れるカウンセラーも、パターン通りのカウンセリングが多いようですが、遺族の悲しみを癒すことにかけては、イタコのほうが上かもしれないですね。

だって故人がメッセージをくれていると思うから、口寄せにいくわけですから。
信じる力が違います。

それにしても、自殺者3万人ですか……。

もっとぼくのサイトを知ってくれたらいいんですが。
もっと頼ってくれればいいんですが。
減らせますよ、格段に。



posted by Shinji at 16:42| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

原爆

文京区の展示場で、原爆展を見ました。

写真だけでなく、米軍が空から播いた日本語の降伏を要請するビラ(読まずに警察に届けないといけなかったそうです)や溶けた食器などもありました。

こういうのを見ると、気分が悪くなったり、悲しくなったりしませんか?
波動の影響を受けるからです。

これらの歴史は消えたわけではなく、波動の世界では残っているので、内なる存在はそこにアクセスできます。
霊能力の高い人は、熱さや苦しみ、声などまで拾ってきます。


戦争を二度と起こさない、戦争の悲惨さを伝えるということにその後の人生を注いだ人の気持ちがわかります。

いやぁ、とんでもないですよね、死体の山、血の川。
広島の原爆で死んだ方は数値に差があるものの14万人。
東京の空襲で死んだ方も14万人だそうです。

そしてこの前口蹄疫で殺処分した家畜の数も14万。
これだけ大虐殺しておいて喜んでる人がいるんですからね。

感染が拡大?

この感染を「日本軍」に置き換えたら、当時のアメリカ側の視点と同じになります。


それはさておき、戦争というものをなくすには「ナマステ」の精神が世界中に広がらないとダメです。
みんなが一つということを、本当の意味で知ることができれば、戦争は消えてなくなります。

posted by Shinji at 11:25| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

ちきゅうが海底に沈む

ニュースで地球深部探査船「ちきゅう」が、故障して海底2000メートルに沈んでしまったそうな。

その機器1億3千万円。

ちょっと自宅のパソコンが壊れたくらい、たいしたことないですね。

エイブラハムの教えの中では、比較が時折使われます。

例えば病気になったとき、自分だけが病気なわけではない。
もっと重い病気でも幸せを感じながら生きている人もいる。

とか、

貧乏暮らしをしていても、それから巨万の富を築いた人もいる。

など、気持ちを軽くさせるために比較を用います。
これを嫉妬などの比較に使っては逆効果です。

一生懸命働いているのに、世の中には楽して稼いでいる人がいる。不公平だ。

とか、

○○さんは、わたしよりも性格が悪いくせに、わたしよりモテる。みんな騙されているのが許せない。

などと。

比較は罠です。
比較する場合は、うまい具合に使いましょう。

posted by Shinji at 21:03| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

殺処分

東国原知事の「(国の対応は)最悪。特に農水省の制度や農相にがっかりした。殺処分ありきで、論理が矛盾している」という意見に賛成ですが、
両者の視点が全く違うこともわかります。

よくも平気で殺せると思います。
牛と人間との違いは、命を差し出しているものと、命を頂いているものとの違い。

この感覚が国にはありません。

牛や家畜たち、もしくはエイブラハムに聞いてみないとわかりませんが、
「命を軽視することへの反乱とメッセージ」として、家畜たちの集合意識が口蹄疫を引き寄せたのだとぼくは思っています。

そのメッセージが受け取られないなら……
一体どうなるでしょう?

う〜ん……食糧危機……が起きるかもしれませんね。
posted by Shinji at 02:19| 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。